数楽たいそうの基本となる考え方

数楽たいそうには、数楽ヨガ、マスカラテ、マス・ステップスなど、楽しいメニューがたくさんあります。それぞれのメニューに共通する基本的な考え方は「2進数」です。

 

2進数? あまりピンとこないかもしれません。

でも難しくはありません。1、2、4、8・・・といった数を使って任意の数を表すのが2進数です。

 

手の指を使って2進数を体験してみましょう!

 

その前に…。まずはいつものように10まで数えてみましょう。



しかしこれには問題点があります。小指をのばした4と6、小指と薬指をのばした3と7、2と8、1と9、これらは見分けがつきません。

 



 1と11、2と12も同じ形になりますね。

重複しないように指で数を表そうとすれば、5本の指では5までが限界のように思えます。

ところが数楽たいそうの基本となる2進数はちょっと違います。

5本の指でなんと31まで表すことができるのです。

 

まず、5本の指に数字をあてましょう。

 

親指が1、人差し指が2、中指4、薬指8、小指が16です。

 

 握った状態を0とし、そこからスタートです。

 

1は親指を伸ばして1。

 

 

2は親指を戻して人差し指で2、ですね。


 

 

 

 

 

では3はどのように表すでしょうか?

 

 

 

 

1 + 2 = 3ですので、1の親指と2の人差し指を使って表します!

 

 

それでは4以降の数を一緒にやってみましょう!

 










 ここまで、指の形はすべて異なっています。

 

つまり1、2、4、8、16の5つの数だけで、重複せずに1~31までの数を表せるのです。これが2進数による表現です。片手で31ですが、両手を使えば重複せずに1023まで数えられるのですよ!

 

2進数の「2」は指を折る・伸ばすの2通りの「2」です。これに対して、普段の数え方は10進数といいます。

 

2進数はコンピュータの基礎になっています。「指を折る・伸ばす」を「電気を流す・止める」に変えるだけですから原理はまったく同じです。

 

「指を折る・伸ばす」は他の運動にも簡単に割り当てることができそうですね。2進数を様々な運動で表すことによって、数楽たいそうは子供から大人まで誰でも楽しめるバリエーション豊かなプログラムになりました。