第2回

2次元の指導


 

数楽たいそうでは、数学と身体運動の2つの難易度を設定して指導しています。

 

幼稚園・保育園年長ぐらいまで5までの足し算も最初はおぼつかない。その一方で小学校中学年だと九々もできるし、計算のちょっとした工夫もできます。

 

身体運動の能力にもばらつきがあります。小さい子はその場連続ジャンプも難しい。対して、大人顔負けの見事なターンを見せる子もいます。

 

パトスタジオのクラスではひとりずつ指導をするメニューがあります。目の前に立った子に合わせたお題(と言っても正の整数を1つ伝えるだけなんですが)をその場で考えます。数学で1軸、運動で1軸、合計2軸でできる平面上の1点、お題のイメージはこんなところです。数学面は3、運動は5、で座標 (3, 5) のお題みたいな。

 

参加の子は皆、見ていて気持ちいいほどに全力です。同様に、お題を出す側(サワ)にも高い集中力が必要です。さっきはこれができたから次はもう少し難しい計算を、でも身体運動としてはまだここまで。その子・その瞬間の数学、運動の能力にあっているか。お題となる数の提示は瞬間的な真剣勝負。クラス後はいつも少しヘトヘトです。

 

数楽たいそうのプレーヤーは数学と運動、2つの能力を駆使します。ややもすれば集中力が散漫、落ち着きがないと思われている子に(こそ)数楽たいそうは向いているのかしれません。注意があちこちにいくのは、与えられたタスクに対して能力が上回っているだけ。マルチタスクができる子は1次元でなく、2次元的な処理が可能とか。

 

ある日のクラスに日本語がほとんどできない小学生が来ました。下手な英語で指導をするわたしは、その日、参加者の名前を間違え続けました。もともと2次元のお題提示に四苦八苦、3軸目の英語でパンクをしたのでしょう。日常的な言語能力で問題が吹き出したかたちです。わたし自身がマルチなタスクにさらされています。

[サワ]



第1回
数は自由と創造のツール


巣鴨・パトスタジオでのクラスでは、毎回5分間の「勉強タイム」を設けています。

 

数楽たいそうにまつわる計算を中心に、園児や小学校低学年では教わらないことを、ジムの壁にたてかけたホワイトボードで楽しく勉強します。

 

ひと月ぐらい前の勉強タイムで、「新しい数楽たいそうのメニューを考えよう」とやってみました。小さなアスリートたちは一生懸命考えていました。

 

数楽たいそうの原理はとても簡単なので、小さい子でも真剣になれば新しいメニューを考えることができます。実際、小学校1年生が考えた「数字でジャンプ」は、クラスのアップのメニューの1つとして定着しました。考えた子はメニューが行われるたび、ちょっと得意げです。なにも言っていないのに、先週には2つ目のメニューを提案してくれました。

 

思い出話で恐縮ですが、わたし(サワ)は小学校の頃、方眼紙で自作のゲームを作るのが大好きでした。サッカーなどのスポーツゲーム、戦術シミュレーションゲームなどが主でした。普通にゲームをするのも好きでしたが、ゲームを作るのはまた別の楽しみがありました。

 

自作のゲームには文章化されたルールはなく、ゲーム盤は方眼紙、駒は厚紙。これでは3歳離れた兄や、友人は一緒に遊んでくれません。しょうがなくひとりで遊んでいました。1度だけ父が付き合ってくれました。とてもよく覚えている父との思い出のひとつとなりました。

 

自由な発想を、とか、もっと創造的に、とか、子どもにはよくそんなことを要求してしまいますよね。健全な要求だとは思いますが、と同時に、我々がつい求めてしまうのはある枠の中での自由や創造かなとも感じています。

 

あるメニューやゲームという「枠」の中での自由。だけではなくて、「枠」そのものを考える創造。「新しいメニューを考えよう」にはそんな思いも込められています。

[サワ]